トイレや洗面所・ベッドなど生活習慣を気にしなくてもすむ

結婚は家同士の結びつきで、本人同士だけの問題ではありません。やはり今まで他人だった人達なわけですから、気になるところが違います。もしそんな義両親との同居などをする場合は、慣れるまでにかなりの年数がかかるでしょう。
細かいことにまで気になってしまって、それが原因で夫婦仲が悪くなったり、離婚する原因になったりする場合もあります。
トイレの便座の上げ下げやトイレットペーパーの好み、洗面所の整理整頓や歯ブラシの位置とか、布団やシーツの洗濯や干す頻度とか、水回りの汚れなど挙げたらキリがありません。本当に細かいことですが、今まで当たり前だったのが、当たり前なことではないことがわかります。
あまり汚れが気にならない人もいますし、几帳面できれい好きな人もいます。
そしてお互いに気になってしまい、ストレスが溜まるようになります。生活習慣もそれぞれで、晩御飯の時間やおかずの品数も違います。コミュニケーションの取り方だって違ってきます。
それほど結婚は、結婚相手とその親や兄弟などをすべて含めて、受け入れる強い意志が必要です。結婚が我慢や忍耐と言われるのは、そういう理由もあって、相手を好きなだけでは長続きしない難しいものなんです。

Comments are closed.