一人の寂しさについて

離婚したくてもできないという人の多くは、一人でいるのが寂しい、一人になるのが不安だ、という方です。
一人の寂しさは、今までずっと誰かと生活してきた人にはとても辛いものかもしれません。近年では、一人暮らしをする年配の方も増えていて、「孤独死」というワードをニュースなどでよく聞きます。そのため、「一人で年をとることになったらどうしよう」という、未来に向けた漠然とした不安を抱えている人が多いのです。
しかし、婚約関係を結んでいる人がいない、ということは、男女問わずいろいろな人と交流することもできる、という面があるということにもなります。
}PgžxQ
離婚するということは、今まで寝食を共にしてきたパートナーと別れるということです。家に帰れば誰かがいる、という感覚が無くなってしまうので、最初はとても寂しさを感じてしまう方が多いです
しかし、一人の生活も慣れれば気楽なもので、体に制約がなく、男女問わず交友関係をさらに広げることができるという利点もあります。
離婚したからといって、むやみに落ち込む必要はありません。寂しさが残る時は、外に出てさまざまな人と交流しましょう。気の合う新しいパートナーが見つかるかもしれません。

Comments are closed.